風薫る五月がやって参りました!
お元気ですか?
わたくしが一年で最も好きな季節、麗しの五月!
ごきげんよう^^!
リメンバー・ミーのご先祖様にうっかり萌えました、ライゼです。
詳しくお話ししたいのはやまやまですがこれ以上は日誌で行うには危険牌ですので館内にてお伝えしたい所存です。


最近は百合のお話ばかりしておりますが本来、わたくしが得意とするのは腐の方面。
両親よりサムライトルーパー、銀河英雄伝説、萩尾望都先生作品を与えられて育った英才教育の甲斐あって、わたくしと腐友達間では二人組のキャラクターへの萌えを語る・見出すという
珍妙な遊びに興じることが多々ございます。
この語り合いのことをわたくしは便宜上『萌え大喜利』と呼んでおります。
今日はこの日誌を読んでいる旅人様方にもですね、性別問わず自分の推し二人組ですとこうです!ということを考えていただけたら、
あわよくば館内でわたくしに教えていただけたらと思い説明いたします。

『萌え大喜利』とは。
お題に沿った行動をキャラクターに行わせる、というものです。とても簡単ですね!
それでは早速、館内でもお話ししたお題を紹介します。
皆様も推しの二人組の性格や相性を深く考えながら当てはめてみてください。

お題
①エレベータをエスカレータ、エスカレータをエレベータと言い間違える方に対してもう一方は訂正をするか、もしくはそのままスルーして話を進めるか
②悪者に襲われて間一髪、オープンカーに乗り込むも車中にはなぜかバズーカ砲が。運転するのはどちらでバズーカ砲で敵を撃退するのはどちらか
③飲食店に入店した際奥の席に座る方と手前の席に座る方

お題だけ見てもなんのことやら、ということで解答例として僭越ながらわたくしの答えを。
①のエレベータ問題は、わたくしが二人組の基本としてよく考えるお題です。
これを映画『バーフバリ』の主人公バーフバリとその義理の兄バラーラデーヴァで当てはめますと、言い間違える方がバーフバリで訂正して回るのがバラーラデーヴァです。
根拠は、王は言い間違えない。
王は、言い間違えませんので。
そして弟の言い間違いについて行くのが兄だからです。
世界は次男で回っておりますので。
②の運転バズーカ問題は、腐の方々の間では語られやすいお題ではないかと勝手に感じております、どうでしょうか。
わたくしの大好きな漫画『進撃の巨人』のジャンくんとマルコくんで当てはめますとジャンくんが運転で、マルコくんがバズーカです。
わたくしの中では素朴で素直な優等生のマルコくんは実は案外バズーカ持ちたがる、という発想のみが根拠です。
この問題の良いところはバズーカ砲というオモシロ武器のおかげでギャグ時空で考えやすいというところですね。
③の奥の席問題。シンプル故に各々の二人組観が出やすいお題です。
目上が奥の席、がこの国の常識である中、そんな常識とやらを一切気にせず奥に座る若者と奥の席を動きにくいからといって譲る年長者、といった変化球にも応えられるお題です。
アイドルマスターの高槻やよいちゃんと水瀬伊織ちゃんだったら、手前の席に座るのはやよいちゃんです。
この二人組は、同年代でありそもそも常識を気にするような関係性ではありません。
ではなぜわたくしはやよいちゃんが手前の席に座り、伊織ちゃんが奥の席に腰掛けると考えたのかと言いますと単純に一歩先を歩いているものが手前の席に座るだろうという思い込みからです。
やよいちゃんが伊織ちゃんより一歩先を歩いているのは、やよいちゃんが気ままにゆく道に伊織ちゃんが一歩あとをついていってあげているからです。

こんな感じで、アムロとシャア、ロイエンタールとミッターマイヤー、バイキンマンとドキンちゃん、虎徹さんとバニーちゃん、
土井先生ときり丸、小笠原祥子さまと水野蓉子さま、赤羽Pと武内P、ジャンくんとマルコくん、ハルヒとキョン、安室と赤井、蛇喰夢子と鈴井涼太、
ウッディとアンディ、ニトクリスと不夜城のキャスター、黒須太一と桜庭浩、エリスさんとユキトさん、さくらちゃんと知世ちゃん、御堂筋翔と石垣光太郎……
皆様の思い描くいろんなお二人で考えてみてください!
最近考えたのは、ウエットティッシュを持ち歩いているのはハーマンの方でランチ前などのニュートン博士の指を拭いてあげるんじゃないかなぁと思っておりますが、イチさんどうでしょうか?
(昨今『萌え』という言葉が他の言葉に変わりつつあり『萌え大喜利』以外に何かいい呼び名はないか模索しております…)




今月の詩は、大好きな五月がやってきましたぞー!!という思いを書きしたためてみます。
もうほんと…五月が大好きです。
好きなものたちが最も好き放題動いて生きてやっちゃってくれてる感が五月はすさまじい。

『五月最高』
まともになったんじゃないかと思えるような
全部なんとなくいいようになるんじゃないかと
思える感覚
まだ生きてて大丈夫とか
今日のことは明日の私に任せてるとか
寝て過ごしていい
土壇場で逃げていい
アドリブで乗り切ってもいい
その万能感を勘違いで済ませない
許してくれない人も守ってくれない人も
なんらかの事情がある
究極事情を察してあげる必要もない
みんな好きにしてていいよ
背中を押してほしい人は並べばいい
面倒見てほしい人もここに来ればいい
税金、間取り、人間関係
ぎゅうぎゅうの満員電車から真夜中のお皿洗いまで
ぜんぶぜんぶ私がなんとかしてあげよう
機嫌のいい人悪い人
ミュータントじみてきたけど私は元気
なぜなら五月は最高だから



五月は薔薇の見頃とのことで、明日はお外に薔薇を見に行こうかなぁと思いながら雨音を聞いております。
薔薇の美しい季節が過ぎれば今度は百合の頃合いでしょうか。
凛として清々しい姿と芳しく濃密な香りとのギャップが、百合の魅力ですね。
この季節は街中や公園、お空の色合いに生命力のみずみずしさを感じられて涙がこみ上げます。
そういった素敵な風景やとても素敵すぎる萌える二人組など発見されましたらぜひ館内で教えてください。
それでは、おやすみなさいませ。