今日の日誌にはメイドの写った写真はございません。
楽しみにしていてくださった旅人様方、大変申し訳ありません>_<

mugi

ごきげんよう!ムギです。

今日はかなり長いです!
それでも見てくださるという方がいらっしゃれば、ムギが今度お礼を沢山言うのでもしよろしければお付き合いください!

シャッキステは、春、夏、秋、冬組から形成される様々な個性あふれるメイドたちの巣窟です。そんな個性爆発メイド達についてムギが思う素敵な所を交えて改めてメイド達のお話しをさせてください。



まずはそうですね、夏組から参りましょう。

アオイさん。
私達をいつも愛で支えてくれているアオイさん。
他の人が気付かないような些細な事にすぐに気が付いて、温かい手を差し伸べてくれます。
いつだって、当館のより良い未来をあの小さくて優しい背中で切り開いてくれます。
推し武道のキャラで言うと絶対にレオちゃんポジです、彼女の背中からは愛が溢れています。
私はいつも背中を見つめるばかりで、甘えてばかりです。
いつか、アオイさんが休みたくなった時にしっかり支えてあげられるシャッツキステ という居場所を作っていたいと静かに思っていました。内緒です。


モモさん。
モモさんは、温かくてワクワクする春の嵐のような方です。
私はありがたい事にモモさんと2回ほどお給仕をさせて頂いた事があるのですが、
初めて交わした言葉は、「ムギさんって○○みょんに似てる!!」でした。
館内にいた全員が「????」と思ったはずです、私も思いました。
こんな風に、すぐに私達を巻き込んでくれて、すごく素敵な風をいつだって吹かせてくれます。彼女のいる館内はいつも笑顔に溢れていました。


ツグミさん。
ツグミさんは、あなた本当はシャッツメイド15年目でしょ?と聞きたくなる程、すぐにシャッツに溶け込んでいて驚いています。
優しい笑顔と温厚で包み込んでくれるような優しさを持つ彼女の魅力に、会ったことのある旅人様方は皆、魅了されたはずです。
そう、彼女はお布団に似ている。ずっとこもっていたくなる…。お布団メイドツグミ。
お布団メイドツグミは絵も描けるので、お給仕が一緒の時は、描いて描いてとどちらが先輩かわからないことをおねだりしていました。
いつも笑いながら、いいですよって言ってくれるんです、そんな優しい笑顔が大好きです。




………(ブレイクタイム)




秋組〜〜。

シオンさん。
お茶目でとても可愛い人です。実はすごく照れ屋さんだし、ツンツンしてくるのもとても好きです。された時は、千倍返ししたくなりますが。
私はシオンさんは陽だまりに似てると思うのです。まるでいつも側にいたかのように、優しく優しく歩幅を合わせてお話をしてくれます。
歩幅を相手に合わせるという事は、とても難しくとても凄いことです。
いつだって彼女は「対話」をしてくれるのです、とても嬉しくて幸せな事です。ありがとうございます。


ライゼさん。
ライゼさんは、きっと沢山の事をいつも考えてくれています。いつだって明るいライゼさんは、誰かを笑顔にする事に全力です。
凛としたその姿を、キッチンから見つめるのが好きでした。
初めての編み物もライゼさんから教わりました、ムギさんは覚えるのが早い!といつも褒めてくれます。
なんでも任せなさい!とスカートをフワリと揺らしながら前を歩いてくれる優しい先輩です。
沢山の方を笑顔にしてくれたライゼさんの未来が幸多きものである事を願っています。


ノバラさん。
ノバラさんはとても聡明で且つキュートです。
様々な事に対して興味を傾け、沢山の知識を得る努力が凄い方です。
言葉の海の中から掬い上げた言葉達を、紡いで伝えてくれます。万人にできることではありません。
そして何より、実はアクティブでキュートな所がとても良いですよね。フフと笑った笑顔も、お菓子を沢山食べちゃう所も、色んなものを経験してそのお話を楽しそうにしてくれる所も、すごく素敵な彼女の魅力なのです。
ちなみに、ノバラさんの睫毛が長くて長くて、ムギはずっと見ていられる自信があります。


リツさん。
リツさんは、落ち着いた見た目とは裏腹に、
筋肉の本をお勧め本として献上する強者です。
可愛い笑顔の裏に、筋肉を隠し持っています。ムギには意味がわからない所も、彼女の魅力なのです。(褒めています)
リツさんはぬいぐるみのように、側にいてくれると落ち着きます。怖いことや悲しいことがあった時は一緒に寝たいし、遊園地に連れて行って一緒に乗り物に乗りたくなるような、心の落ち着き保ちメイドです。
リツさん、ぬいぐるみになって一緒にお布団で寝てくれますか?



………ブレイクタイム②




冬組はもちろんおさげのあの先輩から!

シズクさん!
シズクさんはメイド達のリーダーだと思っています。私達を、優しく厳しく(全然厳しくはない)いつも手を引っ張ってくれます。(アオイさんは裏リーダー)
いつも私達が胸を張って食べて欲しいと断言できるスコーンも、シズクさんが沢山沢山、仕込んで考えて作ってくれているものです。スコーンだけではありません、彼女はいつも涼しい顔してやってくれているけれど、その全てがシャッツに絶対になくてはならないもので、それって本当に凄いことです。いつも支えてくれてありがとうございます、パシリならいつでもやります、待ってます。


カナタさん。
カナタさんは、いつの間にかフッと懐にいて、居心地の良い空間を作ってくれます。
カナタさんは可愛らしくてフワフワとしていますが、実は頭が良く気品のある方なのです。
パタパタと館内を走り回りながら、館内に笑顔を咲かせることができるカナタさんをとても尊敬しています。
ムギさんの愛が欲しい、ムギさんの愛が欲しいと呟きながら、私を追いかけた日々も懐かしいですね。まるで地獄絵図のようでした。
花が綻ぶみたいに笑うカナタさんに勝てるものなんてこの世に存在しませんから、安心してくださいね。また旅人様にも笑顔を見せてあげてください。



ツバキさん。
まず一つ言わせてください、ツバキさんの作るお菓子が好きです。なんでかというと、勿論味も美味しいのですが、彼女のお菓子への「好き」という思いと、彼女の優しさが沢山詰まっているからです。好きだから、ちゃんとこだわりたい。という思いを実際に最後までやり切って形にすることは容易なことではありません。あなたのお菓子は努力の結晶でできています。とても美味しいお菓子を、いつもありがとうございます。ツバキさんは、私が大変な時にススっと手伝ってくれるのですが、そういう所も彼女のすごく素敵な部分です。いつまでも、一緒にお給仕をさせて頂きたかったです。


ヤナギさん。
探究博士です。気になった事はやり抜くという彼女の探究の姿勢を私はとても尊敬しています。ヤナギさんにお話を振ると、1から100に増えて戻ってきます、凄いですよね。
この100の軌跡は、今までヤナギさんが様々なものに触れながら走り抜いてきたからこそ手に入れることが出来たんでしょう。
ヤナギさんとお話ししていると、無限に合った時間が全然足りなくなってしまいます。話し足りない!といつも思うのです。
私は話し下手だから、ヤナギさんがいつも拾ってくれているんだと思うんです。
どちらが後輩だか分からないタイミングが凄く多いのもムギ&ヤナギだとよくあります。
ヤナギさんのパンが絶品すぎて嫁に来て欲しいと言ったらかわされたのも、今ではいい思い出です。いつもありがとうございます。


オトハさん。
はっちゃけた姿をまだ、見ていません。
パーラーメイドになりたて!の皮を脱いだオトハさんを私はまだ目撃できていません。目撃した方いますか?ビデオ撮りましたか?
彼女は突如冬組に彗星の如く現れた、オカシツクルノトテモジョウズメイドです。
彼女は、レモンドリズルケーキを作っている時、パウンドケーキ型に残ってしまった端っこを、食べて良い?食べて良い?と言いながら食べて騒ぐ先輩メイドを、優しく見守ってくれる優しい子です。もっともっと、あなたとお話がしたかった、お菓子も食べたかった!




ブレイクタイム③



ひぃやっと、ハルグミ。と、言う事で春組!



ルナさん。
お月見流派師匠、ルナさん。
ルナさんは、雨のような方だと思うのです。
しとしと、しとしと、静かに降り注いで心を満たしてくれる、柔らかい雨のようなのです。
静かに本を読みたい時やボーッと考え事をしたい時、雨はいつも私達を包み込んでくれます。
ルナさんも、私達を包み込んでくれます。安心して眠ってしまいそうになるくらい落ち着いた時間をルナさんは提供してくれます。
でも、話しかけたりすると、えへへって笑うんです、とても素敵ですよね。そんなギャップもムギ的ベストルナさんに入ります。
もしかしたら旅人様も雨の日には、ルナさんを思い出すかも。



ココさん。
ココさん、優しくて可愛い後輩です。
ひまわりみたいだな、と凄く思います。ひまわりがパァっと咲いたみたいに素敵な笑顔で、ムギさんって呼んでくれるんです。自分はもしかして太陽光だしてるのか?と疑いたくなるくらい、彼女の笑顔は眩しくて素敵です。
お給仕があんまり一緒になれるタイミングがなくて、まだまだこれからだったのですが寂しいです。
ちなみに、ココさんの作るお菓子も美味しいです。魔法がかかっていたのかな?

ココさんはきっと、魔法使いですね。




ミツキさん。
同じ日の、同じ時間に、フロアに足を踏み出しました。
戦友であり、メイドであり、大切な友人です。
彼女は春風のような方で、時に強く、時に優しく春の訪れを告げるみたいに、現れるのです。
お互いが全く違う価値観を持っているので、全く考え方が合わないのですが、彼女はわたしの知らなかった世界を、いつも見せてくれます。
何もわからず不安でいっぱいだった、2019年4月3日、あなたが隣にいてくれて本当に良かった。
いつもいつも、助けてもらってばかりで何も恩返しができないけれど、いつか来たる日の為に強くなりたいと思います。
あなたと出会うことができて私は本当に幸せ者です、これからも手を握っていたいですね、どうでしょうかね、


え?異国に行きたい?


…お土産待ってますね!






さぁさぁ、すごく長くなってしまった。
書いている私も、今かなり体力消耗しました。
まだまだ書き足りませんが!かなり魂を込めた日誌になりました。
この前のアオイさんの日誌にもメイド全員登場してましたよね、ビックリ仰天です。
ここまで読めた方いらっしゃるのだろうか…と不安になりますが、もしいてくださったらありがとうございます。
そろそろ、この辺で終わりにしたいと思います。

それでは最後に、今まで撮ってきたシャッツの館内をムギ目線でご覧ください!

95B985E5-153D-42FF-BC21-7168A1C06CF4


4DE22DCB-8A54-47DE-86E0-AF6FC19B3186


B5729D1D-B781-467D-AF56-F9C0FC840D7F


039A1B53-C16E-483A-9945-628AF29D1453


9E08BD42-F2F0-4911-9EA0-34CA4D7405C8




明日も笑顔で過ごせますように。
おやすみなさいませ。