ライゼのライは来世のライ!

FullSizeRender



みなさまぁ〜!お元気ですかぁ〜!?
最近お見かけしてない方もそうでない方もごきげんよう、夢でお会いして以来ですね!
わたくしは見ての通りな感じでございます!末広がってます!!
夏・エンジョイしてらっしゃいますか?
素麺茹ですぎてませんか?
スイカ割りましたか?
花火見ましたか?
館内から夏バテ逆にしてみたいライゼが失礼いたします(^^ω)
この夏やり残したことといえば雅楽?とかでポンポン鳴ってる鼓を叩いてみたいんですがどこで叩けるんでしょうね、鼓って…。(影響されやすい女でございます)







それにしても久しぶりのシャッツキステ…ワッショイするならいまのうち…!

FullSizeRender



ということで盆踊りました。
早朝にぬっと現れたせいでガチの一人きりでのメイド納涼盆踊りでした。
被写体が私というのが誠に心の底から申し訳ないのですがメイド服とエプロンの個人的な萌えポイントを交えてお送りいたします。なんやかんやでメイド服の個人的ぐっとくるポイントをまだ皆様にお伝えできていなかったような気がしますので、この機会にぜひついてきてください。逃がしませんよ。



私は絵を描けないのですが、見ていて「あー!これはよい布のたなびき方ですねぇ!」と思うことが度々あります。たぶんこの感覚って男の子が回路やメカや捨て配に惹かれるのと同じような気持ちで、フリルやレースや布の揺らめきにぐっとくるんじゃないかと思ってます。それでは早速。


FullSizeRender

こうきて、



FullSizeRender

こうです。はいキープ。
重たいツボを頭上に掲げたまま荒れ狂う川を渡るポーズ中に失礼いたします。
この画像のポーズ自体は細かいことを言うと肘が外を向きすぎてて肩が開いてるし視線が低いので己の未熟さにぐぬぬ…となるのですが左足が床に着地した際のスカートとエプロンのさらりとした巻き込み方にすごくぐっときます。
なんて言うんですかね…この…エプロンが膝に巻き込まれて一段、二段と段々になってると躍動感があってワクワクするんです…ちょっとファンタジーというかフィクションっぽさがあるというか…。
次の動作を予測させる布の揺れ方がうまく撮影できると「やったー!」ってなります。個人的に。



FullSizeRender

左脇腹から腰、太もも、膝とふくらはぎ、奇跡的に足首とブーツまでがひとつの長い線になって繋がってますね。
当館のメイド服は布のたなびき方ももちろんエクセレントなのですが立ち止まった時に布の重力できちんときれいな形に収まり固定されるので、動きの緩急がすごくわかりやすいなぁとお給仕しながらよく思ったものです。
お給仕中のメイドの背中にできるシワの寄り具合を見るのがほんとに好きでした。



FullSizeRender

これなんの動きの最中だったんだろう。
エプロンのシワの影がいいですね、左膝の影が分かりますでしょうかみなさま…。
当館のメイド服すごいよポイントの一つとして、背後の日差しを一切透かさないこの吸い込まれるような黒色!エプロンとのコントラストもあいまっていやぁエプロンってほんとにいいですね。
これたぶん後ろ足になってる側の右足が少し屈伸してるんですがスカートの布地の迫力のおかげで背丈が縮んだ印象にならないんです。いつどこでも姿勢が良く見えるぞぉ!



FullSizeRender

立ってるだけで贅沢な布のこの重厚感。引力に従い垂直にエプロンにシワが影を作ってます。
重たい布地はシワができにくく、軽い布地は奔放にシワができるはずです。
どこのシワが一番ぐっとくるかといいますと個人的には、左肩のシワです。絵で描く時たぶんこの影があるとないとで印象が変わるんじゃないかなと勝手に思ってます。
この画像よく見ると騙し絵みたいに体が歪んでいて重心がどこにあるんだかよく分からない不安定な立ち姿なんですが、メイド服はそういう自然の法則から生じる歪みを整える効果があると言われております。

夏暑くて冬寒いメイド服でした。
よく爪先でふんづけたり蹴りあげちゃったスカート丈も、
レースに引っ掛けて穴を開けたりしたエプロンも、
秋組のブローチも白いカチューシャも、
椅子もテーブルもティーポットも、
歩くと軋む床の音もちりんと鳴るドアの鈴も、
館内の小さな窓から見える外の世界も、
今思えばなにもかも大好きでした。
最後、メイド服以外の好きなものの話になってしまいましたが、私にとってこの私設図書館は外と自分を繋げてくれる場所でした。
私設図書館から見える全ての風景が、月並みかもしれませんがかけがえのないものでした。
踊るのを止めたら本当にこのまま一切合切終わってしまいそうで二時間くらい踊ってました。
まだまだ時間はたくさんありますからこの日誌を読んでる皆様もぜひ、もう今日は私ととことん一晩踊りあかしましょう!
恥ずかしがらずにレッツミュージック!





『ライゼの来世がんばろう音頭』

明日はお給仕楽しみだ
だけどカチューシャ忘れたよ
そんな時でも大丈夫
そうさシャッツにゃメイドがいる
ライゼのライは来世のライ

今日もお給仕楽しいな
メイドのおやつをつまみ食い
どんな時でも大丈夫
そうさシャッツにゃメイドがいる
ライゼのライは来世のライ

(語り:
笑顔じゃなくても大丈夫
ピーカン照りでも大丈夫
いいかげんでも大丈夫
この撮影の前日自転車で
転んだせいで足がアザだらけでも大丈夫
勇気がなくてついぞ言えなかったけど
ここはメイドの宝箱やぁって
いつか館内で言いたかったな
人生山あり谷ありといいますが
それではこの国には登り坂と下り坂
どちらが多いでしょうか
私このクイズの答え知らないんですが
たぶん登り坂の方が多い気がします
なんかその方が嬉しいから)

お給仕終えた帰り道
寝て起きて寝て輪廻の輪
いつでもあなたは大丈夫
だって来世もメイドがいる
(アッソーレ)
ライゼのライは来世のライ






旅人さまがた、いまこの瞬間が最後の夏だとか思ってませんか?
パーティーはまだまだ終わりませんよー!
夏の終わりはどうしても感傷がこみ上げますが、おかげさまで今年も楽しい夏を過ごしました。
旅人さまがたも引き続き、皆様にとっての素敵な四季をこれからもずっとずっと末永く抱え切れないくらいお楽しみくださいませ。
そして、もしよかったら来年の夏も私と一緒に踊ってください。私、エスコートするのうまいのでどうか安心してお手をどうぞ!
それではではっ。




FullSizeRender