「明けましておめでとうございます」
綺麗な日本語ですね。口に出して読みたい言葉です。
あとはなんだろう…墾田永年私財法 とか…。


shizuku


何はともあれ 2020年1月も残り6日です。
みなさまごきげんよう シズクです。
本年もシャッツキステとシズクをよろしくお願いいたします。

ーーー

まずは旬な話題から。

1月の季節ブレンドが木曜日からはじまりました。

F1EAD83D-D7E0-45D3-816E-E09F2646C521「睦月 目覚めの橙色 ブレンド」 

(確認したところ写真が大きいようですが皆様には見えているのでしょうか…)

伊予柑の皮を果実を閉じ込めた伊予柑シロップに(コンポートに近いかな?)
カモミール、ジャスミン、マリーゴールドが華やかに浮かびます。

アオイさんにアドバイスをもらいながらブレンドした今回のハーブティー
柑橘系がお好きな方であれば楽しめるお味だと思います。

背筋がしゃんとするような、1年の始まりの月にぴったりなブレンドです。
(イメージは伊予柑がのオレンジがじわじわと広がる初日の出をイメージしています)
29日までとなっております。ぜひおまちしております…!

ーーー 


旬な話題 次はアニメを。

皆様今期アニメ見ていますか?
私はゲームにかける時間が長く、最近アニメを見る時間がめっきり減ってしまっていたのですが今期は
【推しが武道館いってくれた死ぬ】を見ていますよ〜…!

2018年に原作をノバラさんに貸してもらったのがきっかけで夢中になりその年の百合展で全巻購入。
2019年1月にはSchatz kiste award の1冊として館内に展示させていただきました。

漫画を買うのもアニメを見るのもゆるキャンぶりでしょうか…!何か運命を感じますね。

推しぶど、私はあそこまでのドルオタではありませんが主人公のえりぴよさん、センタートップオタのくまささんのセリフにはいつも心が動かされています。

「お金を出してこその接触」

「舞菜(アイドル)は私がいなくても何も思わないだろうけど 私の人生には舞菜の1分1秒が必要なんです!!」

「推しが自分の為だけに使ってくれた時間を保管できるんだぞ!?」(チェキの話)

「僕はねぇ…僕なんかのことを相手してくれるのはれお(アイドル)がアイドルって仕事してるからこそだと思うから…僕は誰の一番にもなれないってわかってますから僕が一番れおのことを好きでいたいんです…」

「みんなが舞菜のかわいさに気づいてくれたらいいと思っている 当然その中でもわたしが一番舞菜のこと好きだって知ってる」


1巻だけでもこんなに私の気持ちを代弁してくれるアイドル作品は後にも先にもないでしょう。

アイドルはゴールが卒業だと考えると、必ず1度は別れがきます。
だからこそ限りない時間を推すのが楽しいんですよね…。

1巻の最後にアイドルと偶然同じ電車に乗るシーンがあり「ごめん 車両変えるから…」と目をつぶって移動するシーンがありますが「わ、わかる〜〜!!」となってしまいました。
アイドルじゃない時のアイドルの姿はファンの自分には見てはいけない姿というか…。
好きならその人の全てを知りたいというわけでもないんですよね。ドルオタって。

生きている人(三次元でも2.5次元でも)を推すことは他の趣味にはない大変さがありますが
アイドル と 自分 の関係性というのはかけがえのない時間の過ごし方だと思います。
あと私生活ではあまり感じられないアドレナリンが出ます…!

推している時間のできる限り楽しい思い出を共有したい。有名になってほしい。
そんなアイドル推し活動。

今はVRの世界でアイドルをしている子達を応援してますがとても精神衛生上いいのでおすすめです。
(先日母と食事に行った時にVRアイドルのことを話したのですが「わーすごくいいね!」といってくれたので理解ある親でよかったなあとしみじみ思うのでした…)

2020年も楽しい推し活動しましょうね◎

ーーー


今年の目標は

「一歩踏み出す」

1から1000より、0から1の方が進めるのが大変だと年々痛感します。

まず今年の第一歩は水族館の年間パスポートをとりました!
春からクラゲがたくさん見ることができるので少ない回数でも見にいけたらいいなと思っています。
このパスポートは価値ある時間を過ごせる居場所の確保に近いかもしれません。
日常の中に青に包まれる非日常があることによって疲れと癒しのバランスをとります。

お給仕も以前よりリズムもとれてきたのでいろんなことに挑戦できればいいな〜とふんわり思い浮かべてみたり。
重い腰をあげて、いろんなものを目にうつして生きていきたいです。


皆様もきらきらとした1年をお過ごしください。


2020年もたくさんの発見や安らぎをこの館内で一緒に過ごしましょう。