ごきげんよう。

*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚

今月の誕生石は
トパーズ(黄玉)
シトリン(黄水晶)
 
*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚

先日鉱石を求めてルンルンで「ゲットしたよ!」と、ムギさんにお買い物袋の写真を送りつけたら、その紙袋の大きさにちょっと引かれたアオイです。


aoi


早くも1年の暮れを肌で感じるような気候になって参りました…お湯屋の温もりが嬉しい季節でございますねえ。皆皆さま、いかがお整いでしょうか。こんな風呂好きが、その時間までも惜しいと思うのにはワケがございまして。




ポケットモンスター新シリーズ、ソード/シールド(通称「剣盾」)が、発売になりましたよ〜!うおお〜!どんどんパフパフ!


今年はこれを楽しみに生きていたと言っても過言ではございません。


ポケモンのこと、大好き!という旅人さまもいらっしゃるとは思いますが、今日は、ピカチュウならわかるけどあとのことは知らない!という方にもわかるように、アオイが思う魅力を少しだけ詳しくお話ししようと思います。アニポケの話と剣盾(ゲーム)の話が行ったり来たりしますのでご注意ください。
※←これが付いている段落は読み飛ばしていただいて結構です。独り言なので…




ポケットモンスター 、通称ポケモンは、もともとゲームが原作の作品です。それとほぼ並行して放映されているのが、アニメ版ポケットモンスター、ファンには「アニポケ」と呼ばれています。



①アニポケ主人公サトシさんについて

初代アニポケから最新シリーズまで、多くの地方を巡ってきた、かの有名な怪力少年サトシさん。サトシさんがオーキド博士の研究所で出会い、様々な困難を乗り越え、共に冒険をしているのがピカチュウです。ちなみにサトシさんはゲームのポケモンには登場しない、アニメオリジナルのキャラクターです。

(※最新シリーズのアニポケ第1話では、このピカチュウがサトシと出会う前どんな生活を送っていたかに初めて焦点が当てられました。ポケモンは「進化」をするのですが、ピカチュウの進化前はピチューという可愛らしいポケモンです。ポケモンの進化には実は、レベルアップだけではなく様々な条件が必要になることがあります。ピチューからピカチュウに進化するには、「なつき度」が必要になるため、ゲーム作品ではトレーナーにどれだけ懐いているかが進化の鍵になっています。詳しいことはアニポケ最新シリーズの1話をご覧になっていただきたいのですが、要はサトシと出会う前のピチューちゃんが可愛くて一生懸命で健気で、アオイは目からハイドロポンプでしたという話)



②相棒とタイプについて

アニポケでもゲーポケでも、重要なのは「相棒」です。サトシさんがピカチュウを選んだように、私たちはゲームを始めるとまず最初の選択を迫られます。それが、各地方の博士から「くさ」「みず」「ほのお」タイプのポケモンのうち1匹をあげるからじっくり選んでね、というものです(他の選ばれなかった子はライバルが選んだり博士に育てられたりするから安心してください、まあかわいそうなのですが)。

(※ちなみに、ポケモンにはそれぞれタイプがあります。ピカチュウはでんき、とか、そういうものです。ノーマル、かくとう、どく、じめん、ひこう、むし、いわ、ゴースト、はがね、ほのお、みず、でんき、くさ、こおり、エスパー、ドラゴン、あく、フェアリー、とあるうち、1つのタイプしか持たない子もいれば、2つ持っている子や、わざや道具によってタイプを変化させる子なんかもいます。最初に博士からもらう、くさ・みず・ほのおは、簡単に言えばジャンケンのように強弱の相性が決まっています。タイプ相性はトレーナーの基本ですが、アオイはバトルガチ勢ではないのでうろ覚えです。新しいポケモンが現れると、「この子は紫だからどくタイプっぽい!」「飛んでるけど翼がないのでひこうではなくエスパー?いや可愛いからフェアリーかな…?」なんていう推測も楽しいです。最近のポケモンデザインは初代の分かりやすいものと比較してかなり凝っているので、一筋縄では当てられない子が多いです)



③舞台について

アニポケでは、ピカチュウを中心にサトシさんの手持ちパーティーに新しい地方のポケモンがどんどん加わります。前シリーズの「アローラ地方」は、周りを綺麗な海に囲まれた南国の島々が舞台でした。地方ごとに、その土地固有のポケモンがいます。アローラの眩しい太陽光を浴びてぐんぐん育った「ナッシー」というポケモンが一時話題でした。今回の剣盾の舞台は「ガラル地方」といって、紅茶文化や蹴球が盛んな地方のようです(なんとジョーイさんがメイド服のようなものを着ていますぅぅう)。ガラルに合わせたポケモンのデザインも、とっても可愛い子が多いです。紅茶のポットをイメージした子、鉱石発掘現場に現れる子、紳士のようなシルクハットをかぶった子…。ガラルの新しい可愛いリスさん「ホシガリス」は、一目みて「こんにちはリツさん!」と思ったので、捕獲して「リツ」と名付けました。つかまえたポケモンにメイドの名前をつけるの楽しいです!(ひんしにさせないようにします。)ポケモントレーナーの旅人さま、ぜひ館内で推しポケ教えてくださいね。



④アニポケ新シリーズについて

今作のアニポケは、サトシさんと新キャラ「ゴウ」のダブル主人公なのですって。サトシさんは変わらずピカチュウを連れ、ゴウくんはガラルの新しいほのおポケモン「ヒバニー」を連れているビジュアルが公開されています。ヒバニーちゃん、わたしも剣盾で最初に選んだのですが、破茶滅茶に可愛いし、進化系も本当に格好いいので、オススメです(?)。

(※前回のアローラ地方で、初代から夢見ていたリーグ優勝(全国制覇みたいなもの)を果たしてしまったサトシさんには、いろいろな憶測が飛び交っていました。「サトシさん、優勝果たしてしまったから引退するんじゃ……」「今までの各地方をめぐる冒険をするみたいだけど、もしかしてパラレルワールドの話?」「今までの冒険は一旦なかったことになるとか……?」なんて。でも、公式から供給のあった画像で、サトシさんのお部屋にアローラリーグの優勝トロフィーが飾ってあったのを見て、全国のトレーナーは「「同じ世界線(泣)」」と 大歓喜しましたとさ。完)



⑤アオイのパーティー

いつもゲームシリーズをプレイするときは、本当にポケモントレーナーになったと思ってしっかりパーティーを組みます。ジム戦など本気で挑まないと勝てないときを除いて、正直ビジュアル重視で可愛い子を愛でています。今回はヒバニーちゃん(♂)の進化系(ガーネットと名付けました)を中心に、ガラルポニータ(まだ見つけていない)、マホイップ(まだ見つけていない)、マニューラ(ずっと推し)、シャンデラ(推し)が連れ歩きポケになりそうです。まだ見ぬガラルのポケモンはきっともっとたくさんいるので、早くみんなを見つけたいです。リークやネタバレを華麗に回避して生きてきたので、いきなりジムリーダーやライバルが全く知らないポケモンを繰り出してきたとき1人で「ウッ!?うぇえん!?何この子どこの子!?」と声を出してしまいます。



⑥トレーナーの魅力について

ポケモンも魅力的ですが、トレーナーも素敵です。初代でいうタケシやカスミのようなジムリーダーですが、各地方に本当に個性的なトレーナーがたくさんいます。自分もですが、己の性格に合ったポケモンで相手と闘う、その姿に本当に毎度見惚れてしまいます。ジムリーダーなので倒さないとストーリーが進まないのですが、わたしのゲーム端末には膨大な量のルリナさんのスクリーンショットがあります、カメラワーク最高か?ここで百合クラスタに朗報ですが、ゲーム内で主人公を女の子にすると、いろんな女性トレーナーとの絡みがいい感じですよ。これ以上は何も言いません。





…ふぅ〜

ちょっと話しすぎました〜。
まだまだ話し足りないのですが。


そういえば、この国のどこかにある忠犬ワンパチ公像で知られる「シブタニシティ」というハイカラな街に、ジョーイさんが旅で疲れたポケモンを癒してくれる「ポケモンセンター」が本日でっかくオープンしました。ハイカラポケモントレーナーである私アオイは、一足先に先日旅で疲れたパーティーを回復させに行って参りました。…そのはずが、ジョーイさんはいませんでしたし、わたしのお財布の底は丸見えになりました。ポケモンセンターってこんなに恐ろしい場所だったっけ?


ここまで読んでくださってありがとうございます。ぺこり
皆さまも各々の地方でよき旅をなさってくださいませー。
お腹がすいたので、ポケモンキャンプでカレーを作るとします。


アオイ


p.s.
入口の花壇に「チューリップ」の球根と、「プリムラ・ジュリアン」の花を植えました!チューリップは特に大水飲みなので、メイドのみなさんに芽が出るまでしっかり水やりを頼みました(u_u) 綺麗に咲きますように。