ごきげんよう。アオイです。


aoi

パーラーメイドになって、半年が過ぎようとしております。



私はいつも、決まったお気に入りのサンドイッチを食べなから、朝のハーブティーを淹れます。今日はどんなブレンドにしようかな。マロウブルーとローズレッド、ラベンダーのブレンドがお気に入りです。おうちではもっとたくさんのハーブごちゃまぜのズボラブレンドなんかもします。ベランダの花やハーブの土が乾いている日は水をやります。

図書館に着いたら眠い目を擦って、開館の準備。メイド服に着替えると、背筋がしゃっきりするような気がします。スープの野菜を切ったり、オーブンでスコーンを焼いたり。

時計盤の真上で長針と短針が重なったら、扉を開けて旅人さまをお迎え。素敵なお話から、びっくりするようなお話まで聞きながら、せっせとお給仕します。

閉館後は、メイドたちと明日の準備をしたあと、紅茶を飲みながらゆっくりします。

お家に帰ったら夜のハーブティーを淹れて、ぐっすり寝て、また次の日が来て。

毎日その繰り返し。



でも、1日たりとも同じ日はありません。




「ラブラドレッセンス」…灰色の一見地味な鉱物が、少し角度を変えるとオーロラや螺鈿細工、はたまた孔雀の羽根のように美しく光る現象です。幼い頃、家族とともに遠くへ旅立つ鉱石好きの友人にもらったラブラドライトは、私の宝物でした。


同じように見えて違う日々の中で、そんな好きなものだけ選んで、集めて生きていたい。
いつも私はそう心に秘めて過ごしています。

何か秀でた才能の持ち主でもなければ、努力の天才でもありませんが、私は好きなものを拾って集めて生きていくのが上手らしいのです。


それは例えば、ラブラドライトに纏わる思い出でも、ずっと憧れていたティーカップ&ソーサーや、大好きなメレンゲ菓子や、リボンとステッチをあしらったブラウスでも。はたまた、家族みんなで遊びに行く旅行や、ひとりでゆっくり浸かる大きな湯船でのひとときでも。



私は都合がいい脳をしているのか、嫌なことをすぐ忘れてしまうのです。

でもたまに落ち込んでしまったときは、そんな拾って集めてきた欠片を眺めては、落ち込む時間がもったいない、どこかに新しい欠片はないかしら!と、またやる気になったりするのです。


旅人さまも、知らず知らず心の内にラブラドライトを秘めているかも。お勉強やお仕事に疲れたときは、ふと立ち止まって、好きなものを詰めた瓶を眺めてみては。



…取り留めのないお話になりました。



そのお手伝いができるよう、明日も温かいお紅茶を用意して、お待ちしています。