12月29日、2018年最後の肉の日です。 
最近お肉がたくさん食べたい気持ちより満腹中枢がセーブしてしまうので少食になりつつあります。

来年の目標はバランスのいい食事を心がける。
ごきげんよう シズクです。
shizuku

 ーーー

もしかして2018年最後の日誌でしょうか。

いやぁ、今年もいろんなことがありましたね。


私個人視点で今年一年を振り返りたいと思います。


まずは1月、1日から初詣後やコミケ4日目の旅人様と書き初めをしながら
館内でお正月気分を味わいました。
書き初めには『有言実行』と力強く書きましたが結局のところYouTuberにはなれず寧ろ視聴者側としてすきになってしまいイベントや動画を追っかけることになるとは…。
来年はしっかり有言実行をできるような目標をたてたいと思います。


2月、パーラーメイドになって満一年がたちました。
ぴよぴよ感も薄れたといいますか、旅人様には「シズクさんまだ1年目だったの?」と言っていただけるほどメイド服が体に馴染んできました。
もうすぐ2年になりますが今でも「シズクさんは本当に勤労メイドですね」などと声を頂けると本当に嬉しいです。ここ最近では周りを見渡してくるくるとお給仕できるようになった気がします。
同月にシャオさんがパーラーになり、一際館内が明るくなりましたね。
シャオさんとはお給仕外でも遊ぶことが多く、異国の方と回るお化け屋敷は今年の思い出トップ5に入ります。


3月、ヴェリンヌ パンナコッタ フリュイルージュ皆様覚えていますでしょうか。
2月のバレンタインでもそうでしたが、スズさんの作るお菓子は名前から見た目、味全てが一つの作品になっていました。ああ、またあの味が食べたいな…。そろそろジャングルの頂点にたっている頃でしょうか。
花粉の季節に困らされて、でもメイド服を着ていれば大丈夫!なんてことに気づいた大発見の3月。
(来年もしっかり予防します)


4月、新年度ですね。
良い意味で大きな変化はなかったものの
1日に濃厚なチャイプリンをお出ししてちゃっかり当館のHPも変わったことで非日常を楽しんだ4月初め。
バーフバリのポスターが貼られ若干のカオスを感じながら過ごした1ヶ月でした。
3月の終わりからこの頃にかけて、私がVtuberの存在を注目し始めた頃ですね。
今年は本当にVtuberに翻弄された一年でした…。
詳しく書こうと思うと長いのでまた別の機会にでも。


5月、雑貨棚にたくさんのお菓子を並べながら大型連休を迎えた5月。
五月病に負けず毎日のびのびとお給仕をしていたような気がします。
翌月の百合夜話の伏線になったであろう百合展にイチさんとお出かけし、その美しく儚い世界に感銘を受けた展示会でした。
(私はこの時からユキさんの夜話をまってますよ…セイくん…)


6月、個人的に一年で一番思い入れのある月ですが、
館内の思い出といえばバーフバリの完全版上映話題、百合夜話による百合一世風靡…うっ、頭が。
いただいた紫陽花を館内に飾り、お出かけ日和とはいえませんが読書や編み物が捗る1ヶ月でしたね。


7月、月末にポン酢夜話を担当させていただきました!
シャッツキステ史上初の調味料ジャンルだったので以前から期待や質問が多く、また火曜開催だったことから不安が多かった夜話でしたが、当日は満員御礼となりました。
皆様にポン酢は茶色だけでなくレモン色や赤色と色鮮やかなものであり食べ方や産地も多種多様、
五感で楽しみ、知っていただけたらシズクとしては大成功です◎
今の季節、湯豆腐や鍋、脂ののった焼き魚などポン酢に最高なシーズンとなりました!(年中言ってる)
次は北のポン酢編でお話ししたいですね…!


8月、夏休みが終わる頃、一つの物語も終わりを迎えました。
拡張少女系トライナリーが私に教えてくれたことは【一つ一つに込められた愛】です。
ハーブティー、パンプリン、足跡帳、砂時計のある暖炉の横のテーブル…
今まで当たり前だった風景が、彼女たちが来てくれたことで少し特別になりました。
「作品が好き」というのにはあまりにも言葉が足りないほどの愛をこの一年半でお給仕しながら感じることができました。
今尚新しく増えている足跡帳は閉館後に読むのが日課になってます。
彼女達いた体温がいつまでも消えないように、いつでも暖かいハーブティーを用意しておまちしております。


9月、きらきらしたアオイさんがお給仕を初めて暫くたったころ、シャオさんはクリスマスの季節がどうとか、メイドの個性にとんだ1ヶ月でした。
中でも久しぶりのノアさんを交えて開催されたヒプノシスマイク夜話は今尚熱が治りません。
二次元もアイドル戦国時代と呼ばれる昨今に、ドラマCDだけであそこまで圧倒的支持を得た【声優×ラップ】を企画してくださったプロデューサー様に感謝…。シャッツアワード、個人的にはヒプノシスマイクだと思っています。


10月、秋の実りと台風に見舞われた月初め、夜になれば肌寒くなる季節街はいつもと違う姿にさせてくれます。街が黒とカボチャ色に色づき始めた頃館内のどこかで研究が行われていたとかなんとか…?
私に似た者はまるで生きている空気がなく、作り物のようだったと聞いてます。
リアクションが館内でも一番大きいと言われる私は、その作り物のようなヒトと仲良くなれるのでしょうか?はて。


11月、特別な紅茶と特別なキャロットケーキを用意して幕を開けた11月。
秋だし折角だから何か始めてみようかと、久しぶりにパンケーキ以外のお菓子を作りメイドに食べてもらい日誌に載せた所、意外にも反響がありいつか自分の特別お菓子を振舞ってみたいなあと新たな目標が芽生えた月でした。
今月はタルト生地から手作りし、いちごのレアチーズタルトをつくってみました。
レアチーズの白と苺の赤色が紅白でなんだかおめでたい。写真を綺麗にのこしておくべきでした…。



そして、中旬から月をまたいでサトコとナダの最終回と最終巻発売を記念して
ナダさんの国ゆかりのお菓子やお茶を用意し、最終巻発売後は特別なドリンクでお祝いしました。
サトコとナダを読む前と読んだ後では180度国に対するイメージや考えが変わり、自分の視界の狭さを反省。異文化を学び心を豊かにしてくれるきっかけになりました。

クリスマスにはハッシュドビーフとハヤシライスの違いを日々考え、そしていま、年をまたごうとしています。


今年1年、パーラーになって2年目ですが
1日1日新鮮な気持ちでお給仕をし、同じ日なんて1度もありませんでした。
環境の変化に疲れやすい体質かと思いきやこれがとても楽しくて心地いいんです。
天職ならぬ天お給仕ですね。

皆様は2018年のシャッツキステ楽しんでいただけましたでしょうか。
来年もシャッツキステが皆様にとって休息や癒し、居場所となれば幸いです。


それでは皆様 良い年をお過ごしくださいませ。


シズク