吸い込んだ空気がしんと冷えていて、清々しくさわやかな秋を感じる今日この頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。
ごきげんよう、秋といえば秋組ですよー!秋組のライゼでございます。

さて、とうとう10月ですね。わたくしは今月を、この記念すべき10月神無月オクトーバーをきりんの首よりも長く長く待ち続けておりました。10月のことを考えると震えて声が出なくなり、脚も震え、心拍数が150を越えわけもなく涙が出る、卒倒寸前でございました。
館内でお話をさせていただいたことが何度かあるかと思われますがその原因が何かと言いますと……とうとう今月10月18日木曜日には、かんばまゆこ先生著『錦田警部はどろぼうがお好き』の新装版が発売されます!!うわぁーい楽しみだなぁー!!
新装版ですよ、新装版!2016年に連載が一旦ストップをしていた時点で『錦田警部はどろぼうがお好き』(以下『けいどろ』)は1〜2巻まで発売されておりましたがその後様々な経緯を経て今回の新装版発表となったのです。
6月にこちらhttp://schatz-kiste.blog.jp/archives/10247631.htmlで『けいどろ』の魅力について語らせていただきましたので控えるとして、なんともまぁこんなことってあるんだなぁという上半期でございました。

ありがたくもうれしいことに、最近では旅人様方の口から『けいどろ』の単語が発せられることも少しずつ増えてまいりました。『けいどろ』って何?何が起きてるの?ということに興味を持ってくださって、皆様最高でございます。

私の知る限りの『けいどろ』で何が起きているのかは下記のような感じです。

<以下、簡単な『けいどろ』新装版発売までの経緯>

2016年、『けいどろ』の連載が一旦そっとストップ
 ↓
時は流れ2018年春、突如『けいどろ』が漫画好きの間で局地的に流行
紙の単行本は本屋さんから売り切れ、出版社からの在庫も消える
なんとかして読みたい場合は電子書籍のみとなる
 ↓
しかし単行本、できれば続刊を希望する声が出て来始める
出版社へ問い合わせてみたものの現時点での増刷予定はないというお答えが
 ↓
梅雨が明けて、夏……
なぜか急に『次にくるマンガ大賞2018』に『けいどろ』がノミネート
 ↓
その時けいどろ民は思った。
これは全てのオタクたちへの挑戦状であり、神託であると。
教科書によれば神の声を聞いたジャンヌ・ダルクは自ら戦場にて旗を掲げた。
驚くべきことに激動の時代というものは追及すればとても些細な出来事が起点となるらしい。
小さいかもしれなくても点った熱意が人を、周囲を、時代を動かす。
歴史が指し示すシンプルにして明瞭な答えとはいつの時代にも共通する。
世界を動かすのは誰かがいつか気が付いたら、ではなく私たちが、今、この瞬間に、なのだと。
「上位入賞すれば増刷をかけざるをえまい……!」
頼りなく垂らされた蜘蛛の糸かもしれなくても、間違いなくその糸は遥かなる天上よりもたらされた希望である。一抹の期待を上位入賞へとかけるけいどろ民たちの夏の甲子園が始まる。
 ↓
ひたすらにひたむきな布教活動とその図の一例
IMG_4256

 ↓
『けいどろ』が『次にくるマンガ大賞218』にて3位入賞
これで本屋さんでけいどろを手に入れることができる……
歓喜に震えシャンパンのコルクを空ける者、ワンホールケーキを用意する者まで現れるも
マンガ大賞発表会場「増刷はありません」
※最初から最後まで増刷は公約とかでは一切ありません
 ↓
本当にびっくりした我々
もう本当にびっくりした
 ↓
マンガ大賞発表会場「けいどろは新装版を10月に発売します!『迷宮入り探偵』(※かんば先生の過去作品)も新装版出ます!『犯人の犯沢さん』(※かんば先生の現行連載作品)の新刊と同時発売です!」
我々「うおおおおおおおおおお」
かんば先生「やったね!」
 ↓
新装版発売の日(またの名をかんばまゆこ先生フェア)を楽しみに待つ
表紙の絵が公開されて飛び跳ねるなど、充実した日々を過ごす

<以上>

だいたい合ってましたでしょうか?もし違うところがあったら、ライゼに教えてくださいね!
というか、この一連の流れを正式に誰かが整理して、そのうえで劇場版『けいどろ』の同時上映とかで、夏のけいどろオタク甲子園を映画化してほしいです。見たいです、すごく見たいです、私。

ある日のお給仕前、図書館の開館前に本棚を整理していてふしぎな気持ちに包まれたことがあります。
書籍、本というもの。誰かが書き留めた文章が形となって本棚に整然と並び数年前、数百年前のことを今読んで学ぶことができるのは、誰かが書き残してくれたからであり、生きている間には読み切れないほどの本がこの世界にはたくさんあります。
そんな中で、自分にとって素敵だと思える一冊に出会えるのは奇跡のようだなぁと思ったのでした。

奇跡の一冊に書いてあったことに救われたり励まされたり、そんな単純なことで人生は驚くほどに明るく感じられるの…なんだか…すごいことのよおに思えませんか…?(急な語彙力の霧散)

いやもうほんと…新装版表紙のアンリくんの首根っこ掴んでる手の正体ほんとはやく知りたい…ほんともう…世界中にありがとう…!



皆様、『錦田警部はどろぼうがお好き』をどうぞよろしくお願い申し上げます。